オリジナルTシャツをつくるなら厚手の素材がいい

Tシャツはプリントされている柄やメッセージで自己表現をしたり個性をアピールできるファッションアイテムです。

1枚で主役になれるトップスだからこそ、お店で売っている既成品ではなく自分でデザインしたオリジナルTシャツを着て他では手に入らないレア物感を出して周囲に差をつけたいものです。

せっかくオリジナルTシャツを作るなら、何回も洗濯したりヘビーローテーションで着回しても大丈夫なように厚手の素材を使うのがおすすめです。

ベースになるTシャツの生地の厚さによって仕上がりのイメージが変わってくるので、頑丈なものを選んでおけば首周りが伸びてしまったりプリントしたインクが透けて見えたり、洗濯しているうちに生地が薄くなってしまうなどのトラブルがないので末長く使うことができます。

厚手の生地だと高級感もあってしっかりと着こなせるので、カジュアルな服装だけでなくジャケットと合わせてクールなファッションも楽しめます。

素材にもこだわって素敵なオリジナルTシャツを作りましょう。

オリジナルTシャツ印刷で気をつけたいこと

オリジナルTシャツを印刷するのに最も気をつけたい点は、著作権の問題です。

例えばよく自分の好みのキャラクターをオリジナルTシャツのイラストに使用したいと思う方は多いと思いますが、私用で利用するとしてもこれは著作権侵害にあたります。
さらにブランドのロゴなども完全にダメなので、もしイラストでそういう問題を気にせずに安心してオリジナルTシャツを制作したいと考える場合は、自作イラストや動物の写真などを用いるといいと思います。

もし著作権を侵害しているものを商業利用した場合、訴えられることを覚悟したほうがいいと思います。
最近は特に著作権に関してのニュースが多く、ここはシビアに考える必要があります。

また著作権ではありませんが、芸能人タレントの顔写真や名前を無断で利用するのも禁止です。
これらは具体的にはパブリシティ権という肖像権を侵害していることになります。

著作権侵害と同等に訴えられる可能性があるので注意が必要です。

オリジナルTシャツを自分でするキットの使い方

自作のイラストや文字列を使ったオリジナルTシャツを作りたいと思った時、専門店に依頼すれば失敗の恐れはありません。

しかし、依頼にはTシャツ代と依頼料が掛かり、自作のイラストを他人に見せることにもなるので恥ずかしさを感じてしまうこともあります。

そこで、オリジナルTシャツを専用のキットを使って作る方法を紹介します。

専用のキットには使い切りタイプの物と購入すればずっと使えるタイプの物があります。ここでは使い切りタイプの物を紹介します。
まず専用のペーパーAにイラストを描きます。

次にそのイラストと専用のペーパーBを重ねてアイロンに掛けます。
ペーパーBに写したイラストをお好みのTシャツに重ねてアイロンを掛けます。

これでイラストをTシャツに転写できました、最後にシリコン紙を転写したイラストに重ねて再びアイロン掛けすれば完成です。

専用のペーパーもシリコン紙もキットに付属されているので、お好みのTシャツを用意すればすぐに作れます。