produce by manshonplus

和装で前撮りin京都

 

結婚をする為には何かとお金がかかるようになるものです。
節約できるところは節約するようにしていかなければ、いくらお金があっても足りなくなってしまいます。

例えば京都での前撮りの費用なども、節約できるのであれば
少しでも格安で出来る方法を利用して撮影してもらうようにしましょう。

結婚式みんないくらかかった?費用の内訳や自己負担額について

必ずと言ってもいいほど経験する結婚式。
ですが一体いくら掛かるのなどの疑問を持っていると思います。

なので、結婚式の全国平均総額や費用の内訳、
自己負担額について説明していきます。

結婚式の全国平均総額は354,8万円と言われています。
では、その内訳はどうなっているのでしょうか。

料理代や会場費や衣装代が、大きな物として上げられます。
最初に料理料金ですが、122,6万円が平均総額と言われています。
一人あたり18,500円が平均額です。

次に衣装代ですが、新婦さんは45万円前後、新郎さんは 15万円前後と
言われているので、60万円前後が平均額です。

次に挙式料ですが、挙式料の平均は、30,4万円ぐらいです。
ですが、最近は約半数の人がプランで行っており、140万円前後のプランの中で
10万円から60万円がスタッフ込みの会場費と言われています。

最後に、皆さんが1番気になるであろう自己負担額です。
結婚式では必ず貰うご祝儀を費用から引いた額が負担額です。

ご祝儀の平均額は、230,7万円と言われています。
なので、354,8万円引く230,7万円で、124,1万円が負担額です。

親の援助は、182万円が平均と言われていますので、自分でお金はほぼ出さない
というカップルもいるようです。

京都で撮影

前撮りの費用を抑えるには?

京都での和装前撮りを格安にするためには、平日を狙って申し込むようにしてみる事です。
会社によっては、京都での和装前撮りを平日限定で安く提供しているところもあるのです。

平日であれば予約も比較的少なくなっていますので、自分の希望する日を
予約することが出来るようになりそうです。

新郎新婦とも有給休暇などを自由に使えるのであれば、平日に休みを散るようにして
撮影をしてもらうようにしてもいいでしょう。

申し込む

節約が出来る方法は出来るだけ使うようにして、少しでも安くすむ方法を考えるように
しておくようにすることが、新生活を始める上でも良いと言えるでしょう。

 

2001-2018 master name washo