produce by manshonplus

和装で前撮りin京都

 

京都での前撮りは、どんなふうに撮影をするのか気になるところです。
一日の流れはどういった感じになるのかを事前に把握できていれば、
和装も着るようになりますので心構えも出来るようになります。

そういった撮影のイメージをつかみたいのであれば、京都での前撮りのブログを探してみるといいでしょう。

前撮りブログ

京都での前撮りブログというのはたくさんあります。
実際に撮影された人の写真も掲載されていたりしますので、イメージをつかむことが出来るようになります。

そして、和装もどんなものが自分のイメージや好みに近いかも考えやすくなるでしょう。
衣装選びに関しても、ある程度は目星をつけておくようにしたいものです。

ブログをたくさん見ておくことによって事前に学べる事はたくさんありますので、いろいろ見ておくといいでしょう。

もちろん一人で見るのではなくパートナーと一緒に見ておくことによって、
二人で前撮り当日を楽しみに待つことが出来るようになり
結婚式もその分余裕を持って臨むことができます。

パートナー

結婚式の日取り決めで重要?六輝・六曜の意味

暦をみると先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口などと記載されています。
暦には、他にも十二直や二十七宿等というものが記載されていることがありますが
この先勝以下の六つの呼びは、六曜星といって一般のカレンダーや手帳にも
載っていることが多く、現代でも主に冠婚葬祭の日時等に影響力を持っており、これは六輝とも言います。

もともと中国で生れたとされ、日本には鎌倉時代末から室町時代にかけて伝わったとされており
江戸時代後半には、民間の暦にも盛んに記載されるようになりました。

それぞれの意味は、先勝は急ぎ事、願掛け、訴訟事に吉、午後からは凶とされます。
友引は朝と夕は吉ですが昼ごろは凶、葬儀には不適とされ、先負は静かなることに用いて良く、
午前は凶、午後から吉です。

仏滅は凶日とされ、祝い事や祭事など大事には用いません。
大安は吉日で婚礼、開店などの慶事や祭り事などに良い日です。
赤口は正午ころのみ吉で他は凶なので大事には用いないとされています。

結婚式の日取りを決める際には六曜を参考にし、良いお日柄を選ぶようにすると
家族等周囲の人も安心できます。

2001-2018 master name washo