produce by manshonplus

和装で前撮りin京都

 

結婚式を行うとしても、前撮りは必ずしておくようにした方がいいでしょう。
結婚式はとにかくバタバタとしてしまうようになりますし、のんびりと撮影をしている暇は
ありませんので、前撮りは必須と言えそうです。

海外で撮影する人も!結婚式の前撮りについて

結婚式当日は、何かと忙しい上に、着用する衣装の数や写真撮影に限りがありますよね。
そんな中、最近では結婚式の前撮りが流行っています。
前撮りとは、結婚式より前にウェディングドレスや和装などで写真や動画を撮影することです。

色々なロケーションで撮影できたり、事前にゆっくり撮影できるというのがメリットです。
挙式は日本、でも前撮りは海外でというのも素敵ですね。

さらに、衣装も挙式当日レンタルするよりも断然お得に着ることができます。

前撮りの衣装での満足度第一位は、やはり「和装」です。
なんと、和装(73.1%)の割合いで選ばれています。

というのも、挙式当日和装をしようとすると、費用相場として20万〜25万円ほどかかります。

しかも、お色直しにどうしても時間がかかってします。
しかし、前撮りで和装を着る場合の費用相場は約10万円前後ほどなんですね。

ちなみに、一番は「色打掛」で、次いで「白無垢」が人気があります。
和装での前撮りをする場合、桜や紅葉の美しい春や秋の撮影がおすすめです。

ただし、人気がある季節なので、早めに予約をするのが良いでしょう。
また、外での撮影では天候に左右されますので、できるだけ余裕をもってスケジュールを組みましょう。
予算や時間の関係であきらめてしまった衣装がある方は、ぜひ前撮りに挑戦してみてください。

京都はやっぱり和装が一番

京都で結婚式を挙げるのであれば、ロケーション前撮りをするようにしてみるといいでしょう。
洋装もいいですが、京都ではなんといっても和装です。
伝統ある町並みの京都であれば、和装でのロケーションは最高のショットを残すことが出来るようになります。

日本らしさ

前撮りをするのであれば、自分で何か準備するものがあるのかを確認しておかなくてはなりません。
多くの会社では、手ぶらで行けばいいようになっています。

自分の衣装を持ちこむことも出来る場合もありますが、その場合には持ち込み料が
必要になる事もありますので、事前に確認をするようにしておきましょう。

事前に確認

手ぶらで行けばいいのであれば、遠方からでも利用しやすくなりますので、気軽に申し込めそうです。

 

 

2001-2018 master name washo